【暦のマメチシキ】十方暮れとは?~芽吹くための土台作り期間~

query_builder 2021/06/06
ブログ(ただいま仕分け中)
浦和エリア経絡整体サロン【暦のマメチシキ】十方暮れとは?~芽吹くための土台作り期間~

今日は

二十四節気の芒種(ぼうしゅ)


稲や麦などの種を蒔くころでっせー

という暦のお知らせ





と同時に

十方暮れがスタート




十方暮れとは?

Wikipediaより引用

十方暮(じっぽうぐれ、十方闇とも書く)とは、選日の一つで、日の干支甲申甲子から数えて21番目)から癸巳(同30番目)の間の10日間のことである。

この10日間のうち、十干十二支五行相剋しているものが8日も集中しているため、特別な期間と考えられるようになった。この期間は、天地の気が相剋して、万事うまく行かない凶日とされている。市販の暦では、労多くして功の少ない日などと記載されている。


なんのこっちゃですよね?笑

わかりやすく説明します。


~ふくなつめ式 十方暮れとは?~



昔ながらの暦をみると

今日の日付には甲申(きのえさる)と書いてあります。



これは十干(じっかん 五行×陰陽の10通りの性質)と

十二支(じゅうにし 干支のこと)を組みわせた

60通りの干支(かんし)のこと


これは自然界のバイオリズムで、四柱推命では生年月日からこの組み合わせを算出してその人の特徴を表したりしています。



直近では

5月16日から1番目の甲子のサイクルが始まり、

6月5日は21番目の甲申(きのえさる)になりました


ここから10日間は

十干(五行の陰陽)と

十二支(干支の性質)の組み合わせが

相克(抑制する・課題を与える関係)が多い期間



その暦のお知らせを

【十方暮れ】と呼んでいます




↑真ん中の星型の矢印が相克の方向を表しています

 九星気学の九星も五行に当てはまりますよー




例えば今日の甲申の場合


甲→木の陽の性質

申→金の性質


金(加工して斧となる)は

木を切り倒すという

相克関係になります



新しいこと、訴訟、旅行、お引越し等は控えてたほうが◎と言われている期間


よく十方暮れは凶日の期間といわれていますが

凶って決して悪いという意味ではないんですよ



という字は

入れ物からメと書かれているでしょ?


これから芽吹く準備期間ですよー

と私は捉えています



十方暮れの期間

それは

じっくり課題を向かいましょうという

自然界からのお知らせ


こう捉えて、土台作りをしてみてはいかがでしょうか?



ちなみに

十方暮れ明けは14日


それと同時に

天一天上(きれい好きの神様がやってくる期間)が始まります

(~29日まで)


翌日の15日には

年に数回しかない天赦日(天が全てを許す日)と

みんな大好き一粒万倍日(一粒が万倍に増える日)が重なる

超絶ラッキーデーがやってきます





あなたはどんなラッキーデーを過ごしたいですか?


物事の捉え方次第で心地よさが変わりませんか?


ネガティブ要素も

ポジティブに切り替えられるマインドをセットすると

ココロもカラダもご機嫌になりますよ♪



浦和エリアの経絡整体でゆるふわ健康美人にする体質改善サロンふくなつめでは、お身体ケアの効果をよりキープしやすいセルフケアを行っています。

また、東洋思想のマメチシキを活用し、自然界のバイオリズムに乗り開運体質になれるアドバイスも行っております。


ご新規の方にはお手軽にふくなつめを体験できるご新規メニューをご用意しております。

お気軽に遊びにきてくださいね♪



NEW

  • 【浦和 かっさ】お彼岸入り 陰陽バランスが中庸となる7日間

    query_builder 2021/09/20
  • 【浦和 かっさ】60日周期のスタート日!甲子の日のエネルギーを活用しよう♪

    query_builder 2021/09/13
  • お客様の声 まとめページ※随時更新

    query_builder 2021/09/12
  • 【浦和 かっさ】最大陽数9のパワーが重なる重陽(菊)の節句

    query_builder 2021/09/09
  • 【浦和 かっさ】夏と秋の選手交代の知らせ 二十四節気~白露~

    query_builder 2021/09/07

CATEGORY

ARCHIVE